CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
AMAZON.CO.JP
「山さ行がねが」の今後の執筆方針について
 皆さま、日頃より「山さ行がねが」をご愛顧くださり、ありがとうございます。
つい先日、サイト内のコメント感想欄を通じて、匿名の方より今後のサイトの運営方針についてのご要望を頂きました。その要点を私なりに抜き出してみると、以下のような内容です。

  • 最近、このサイトを見ていて思うのが、わざわざコメントに文句とか催促を書く人が増えたと言うことです。私も皆さんと同じことを思わなくもないのですが、山行がを応援する読者の一人として誹謗中傷はしたくないです。ただ、無料のサイトだから文句を言うなとの書き込みが以前ありましたが、私に言わせれば「それは違う」と思います。いくら無料だからといっても、そこにはヨッキ氏の書籍の販売があるし、他業種のリンクが多数貼ってあります。つまり、ヨッキ氏が利益を得る仕組みが入っている以上、ヨッキ氏も読者をないがしろにすることはしてほしくないです。
  • 前にある方から「意図的にやっているのですか?」と問われ、それを否定されていました。だったら、皆さんが納得する形で今後進めて欲しいと思うのは私だけではないはずです。
  • 私が勝手に思う皆さんが納得するするだろう(たぶん)と思うことを書いてみます。
    まず、暫くの間ミニレポを含む新規案件をUPするのを凍結します。その上で、皆さんからの要望の多い「塩那の続き」を書き完結させます。次に、過去分の完結されていないレポートを完結させます。もちろん概要も含めて完結させます。そして過去分がすべて完結してから初めて新規案件のレポートをUPします。
    きついことを言うようですが、今の「山行が」の信用を回復するにはこれくらいのことをしないと出来ないのではないかと思います。
  • 繰り返しになりますが、私はあなたを誹謗中傷するつもりはありません。むしろ応援しています。だからこそ、最近のコメントは残念ですし、それに応えようとしないヨッキ氏にも残念でなりません。お忙しいのはわかりますが、廃道探索を「生業」としてみえるのなら廃道ファンを増やすためにもこのサイトを大事にして欲しいですし、読者の意見も大事にして欲しいです。誹謗中傷を書かれて、それを放置されているのもどうかと思います。是非、皆さんから10点を全部いただけるサイトにしてください。応援しています。

以上はある一人の読者さまの意見であり、メールアドレスなどの記載がないので返信も出来ませんが、この方が問題視されていることについて、共感を持つ読者さまは多くいると思いますし、それに対して私(ヨッキれん)がどのように考えているのかを知りたいと思う方もいると思います。そこで「山行がの今後の執筆方針」と題して、私がいま考えていることをお答えしたいと思います。(掲示板などでも断片的に書いてきたことですが、まとめています)


「山行がの今後の執筆方針」
1.
大前提として、私がオブローダーとして安定して活動を続けられているのは、「山さ行がねが」(以下「サイト」とする)を訪れる読者さまが大勢いらっしゃるお陰です。サイトの広告収入は、直接に私の活動を支える一つの柱になっています。また、サイトにレポートを公開することにより、多くの皆さまに反応を頂けることは、私のモチベーションを支える大きな喜びであり、今後もサイトの継続と拡大は、私の活動の中心であり続けます。私にとって、このサイトほど「廃道」を語って楽しい場所はありません。

2.
「無料のサイトだから文句を言うな」とは、私は思っておりませんし、そのような書き込みも私はしておりません。文句もあれば、好評もある、それが健全でしょう。もし文句の方が多いならば、それが現実と受け入れます。文句を越えて誹謗中傷ともなれば、私だって傷付きはしますが、基本的に不満のもとはレポートを公開している私の行動ですから、受け入れるように努力します。

3.
私にとってサイトの運営は、収益性のある“仕事”であると同時に、余暇を過ごす“遊び”でもあります。ひとつのサイトなので分けることは出来ませんし、実際に「このレポートは仕事で、こちらは遊びだ」などと分けて考えているわけではありませんが、読者さまの満足を第一に考えて私の勝手を抑えて書くものと、逆に私が好き勝手に書き散らすものが混在しています。なので、読者さまのご要望の通りに、「未完結のレポートを全て書き終えるまで、新作は一切書かない」というのは、キツすぎる縛りですので、お応えできません。それをしなければサイトを閉じなければならないという事がもしあったら必死に書きますが、たぶんそれは、あまり面白くないレポートになってしまうでしょう。

4.
読者の皆さまにおかれましては、今後も継続的に未完結レポートについて監視して頂き、読みたいと思う方は、積極的に注文や催促をしてください。私はその全てに目を通しています。また、未完結レポートが全体に占める割合が多くなれば、多くの読者さまからサイト自体が見放されるリスクがあることも理解していますので、今後も利己と利他のバランスを自問自答しながら、仕事であり遊びでもあるサイト運営を真摯に続けていきます。


最後になりましたが、長文で懇切丁寧なコメント(&名古屋市内の情報提供)を下さった読者さま、ありがとうございました!

追記(2015/10/6):このエントリを投稿後、とても多くの皆さまにコメントを頂きました。「今のままで良い」という温かいご意見が多くあり、それ自体は嬉しく思いましたが、不満を感じて離れる方の多くは、声も上げずに離れていくということを肝に銘じて、私だけでなく、皆さまのストレス解消にも役立てるように頑張ります。なお、更新をする事がまず前提だと思うので、更新頻度も頑張りたいところですが、10〜11月は探索のベストシーズンですので、探索を優先することをご了承下さい。とりあえず、今から長野県に出発します。


| 山さ行がねが | 17:27 | comments(144) | trackbacks(0) | pookmark |
“(S)エス”から“(X)エクス”へ! “ワルクード”再始動!


昨日、日産・エクストレイル(初代後期型5速MT)の納車がありました。
11月28日の車検満了をもって手放したスズキ・エスクードに代わりまして、次代の愛車となります。



そして本日、エクストレイルへの「入魂式」が、
ミリンダ細田氏電話臨席のもとで挙行され、
正式に「2代目ワルクード(ワルクードII)」を襲名しました。
上の写真はその模様です。
並んでいるのは、僚艦細田号からの祝電文、入魂用ドリンク「イソビタンD」、先代ワルクードのシフトノブ、そして先代から移動した「山行が」マグネットステッカーです。
(車内には既に自転車「ルーキー号」をはじめとする探索道具が載せられています)

早速今晩、「ワル2」による最初の探索へ出発します。
今までよりも車体が、長さにして40cm、幅が13cmほど大きいので、狭い道は特に注意して運転したいです。

皆さま、今後の「ワル2」と「ルーキー号」の活躍に、どうぞご期待下さいませ!
また、このたびの一連の交代劇に沢山のアドバイスやエールを頂きましたこと、本当に感謝しております。
Check
| いろいろの話題 | 12:34 | comments(15) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/47PAGES | >>